woody monaco blog

ぼちぼち、いろいろやっています~♪
 
 
プロフィール

monaco

Author:monaco
woody monaco blog へようこそ!

カテゴリ
JIG (3)
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア

パノラマ写真Ⅱ 

174b6ec8.jpg

1ケ月程前に撮影した彼岸花の画像です。この画像も3枚の画像を合成していますが、色違いが大きく恕リぎ目がハッキリ出てしまいました(^^;

パノラマ写真 

73bfa8c8.jpg

船上から撮影したワイキキの街並?みです。
CANON 30Dに同梱のPhoto Sticthで処理してみましたが、同じ条件で撮影したデータのつもりでも、若干の色違いになっています。

ちなみに、この画像は3枚の画像を恕リぎ合わせています。
しかし、17mm(35mmフィルム換算で24mm相当)のレンズを使うと癖が誇張されてしまい、右上がりの画像になってしまいました(^^;

INCRA社のMiter1000 

INCRA社のMiter1000です。かなり前にRocklerで購入して、それなりに使っていましたが、メモリがインチ表示なので、ちょっと馴染めませんでした(^^;

tomさんのようにインチで製作すれば使い易いのかも知れませんが、σ(^^;)は簡単木工なので使えません(^^;
be4e3310.jpg
そこで、お約束の粘着テープ付きのテープメジャーの登場です(^^;
ただ、市販のテープメジャーは、13mm幅なので、Miter1000に取り付けるために1/2インチ幅になるようにハサミで少しカットします。裏側の粘着テープも取り除きます。

で、実際に端材をカットし、その長さに目盛りが合うように調整します。
下の画像でわかりますが、約420mmが最大切断長となります。これを超える長さの時は、先日製作したジグの出番となります(^^;
808c5f1a.jpg
bb288a5c.jpg

同じ長さにカットる治具 

夕食後、昨日の続きをしようと工房へ入ったが、足元がアルミの切削屑でザラザラして気持ちが悪い。工房が汚れていると作品の精度にも影響するカモ・・・ということで掃除開始(^^;
 掃除が一段落したら、パソコンが壊れたって長女に呼ばれ、母屋に引き返す。
 パソコンは、警告音が鳴っているが、電源も入るし、Windowsも立ち上がる。スパイウェアかウィルスだろうと思いチェックしたが異常なし。あちこちチェックしたが原因不明。今日は、諦めようとしたら長女が朝キーボードにお茶をこぼしたって(^^;
 早く言ってくれよ~~~原因がわかればすぐ直ったのに!!プンプン。
 で、気を取り直して再度、工房へ。昨日殆どの工程が終了しているので、6mmのタップをボール盤に取り付けて5mmのアルミ板にネジを切り、先端に木片をネジ止めしてサクッと完成した。
12fb5e48.jpg

 最長約900mmまで切断可能。5mm厚のアルミ平角材の剛性も高くコンパクト。しかし、アイデアは良いと思うが、何か物足らない。自己採点で18点だ~(^^;
9c00fd51.jpg
普段は、邪魔にならないよう、↓の画像のように反対側にセットしておきます。
fce5585c.jpg

アルミ平角材を丸のこで切削 

ボール盤をフライス盤として使うのは、少々無理があったようで、別の加工方法を試してみた。
 今回の加工方法は、厚さ5mmのアルミ平角棒を両面テープで作業台に固定し、手前に2.5mm厚のMDFを2枚両面テープで張り合わせて5mm厚にしたものを置き、ガイドバークランプをフェンスにして丸ノコで深さ2mmの溝を掘るというものである。
 使用するブレードは、山真製鋸のスーパーオールマイティーというチップソー 。
 山真製鋸は、一時、公道を走行できない電動バイクを販売し、話題になったメーカーなので若干眉唾ではあるが、数年前に近所のホームセンターで鉄アングル材をいとも簡単に切断するデモを目にして衝動買いしたものである(^^;
 今回、切削するのは鉄ではなく、アルミなので簡単に溝が彫れたが、チップソーの幅が1.6mmしかないので、少しブレードが逃げてしまう。このため多少精度が落ちてしまったが、多少のガタつきは問題ない。
e9300330.jpg
サンドペーパーで、切削面を仕上げ、ついでに傷が目立つのでヘアライン仕上げにしてみた(^^;
fe01071b.jpg
ちなみに、このRYOBI製アルミベースの145mmの丸ノコは、スーパーオールマイティーより安かったなんて、信じられるだろうか。軽いので、このような加工には大活躍だ!896da2c0.jpg
完成したアルミ材をスライドテーブルのマイターフェンスに挿入してみた。BT3100は、この黒い樹脂部品と1組のボルト・ナットでスライドテーブルとマイターフェンスを固定しているが、締めた状態でも上部に隙間があり、厚さ5mm、長さ460mmのアルミ棒は、自由にスライドすることができる。
 これで標準の状態より約400mm長い材に対応することができる。
 そろそろ近所迷惑な時間なので、この続きは明日のお楽しみ~(^^;
2f94b767.jpg

アルミ平角材をボール盤で切削 

BT3100の定寸ジグを作ろうと、ボール盤でアルミのフライス加工をしてみました。

ボール盤に12mm合板で作ったジグをセットし、得体の知れない金属用のエンドミル?を使い、合板の溝に厚さ5mm、幅25mmのアルミ平角棒をスライドさせて、少しづつ切削します。

c92cd04b.jpg
何とか形になりました。ただ、切削面がかなり荒れています。作業中は、チョット油断するとラック&ピニオンのようにミルにアルミ平角棒が引っ張られ、かなり難航しました(^^;

やはりボール盤では、材の固定が難しく、無理があるようです?ただし、今回切削したアルミ平角棒は、長さが460mmもあるので、フライス盤でも難しいかも知れません?

736518c2.jpg

BT3100でレイズド・パネルビットを使う 

BT3100でレイズドパネルビットを使うためのジグを作ってみました。
 BT3100は、標準で、トリマやルーター取付け用の穴が空いています。σ(^^;)は、ポーターケーブル社の690を取り付けて使用していますが、補助テーブルの穴が小さくてレイズドパネルビットを取り付けることができません。
 BT3100の補助テーブルの穴を大きくすれば良いのですが、勇気と根性がありません(^^;
 このため、少し使いづらいと思いますが、テーブル面より上にレイズドパネルビットをセットし、テーブル面を嵩上げすることにしました。
d298939a.jpg
画像の黄色いフェンスは、テーブルソー用のフェンスに被せて使うMDFで作ったルーター用フェンスです。内部に集塵ポートもあり、以前作った微動装置も使え、テーブルソーでも使うことができます。
 今回、使用した材料は、↓の12mmのMFDと6mmのボルト、埋込用ナット?、ノブスターだけの簡単構造です。これを自作の補助テーブルに穴(白く見える穴です)を空けて、セットします。
3ad78853.jpg
下からの画像です。
41c8b993.jpg

BT3100のテーブル拡張 Ⅱ 

やはり、秋の夜長にいろいろとジグを考えるのは、楽しいですね!
 先日から作り始めたBT3100用のアウトフィールド・テーブルは、先程、完成しました。少々気に入らないところもありますが、まぁ、ジグなので拘りません(^^;
6caee1c4.jpg
ジグも充実してきて、BT3100は、益々便利なTOOLになってきましたが、肝心のモービルベースは手付かずの状態です。そろそろ作ろうかなぁ~(^^;


 気に入らないのは、↓のつっかえ棒です。おまけに、夜間に製作したので、全て端材をそのまま使っています~(^^;
ただ、強度はこれで充分です!
26840c36.jpg

BT3100のテーブル拡張 

前からBT3100のブレードの後方の拡張を考えていたが昨夜、アイデアが突然閃いた~(^^;
 かなり前に購入した使いづらいルーター取り付けキットを使えば簡単に取り付けられカモ?
 で、帰宅後豊富な端材?を使って検証してみた(^^;
 画像のMDFサブテーブルの奥行きは約30cm。これで充分だろう。今日は、夜も遅いので作業は、自粛して終了。週末までに完成させねば(^^;
be3163b3.jpg

隙間家具(ゴミ箱編)~その壱 

洗面台脇の小さなスペースです。小さなごみ箱を1つ置くのがせいいっぱい。ずっと以前から気になっていました。

最近、ごみの分別も細分化されてきたので、ごみ箱が2つ置けるように棚を作ってみました。

71213479.jpg

ポケットホールで骨組みを作り、天板を載せただけなので、サクっと半日で完成です。

ごみ箱スペースに扉を付けても無駄だと思い省略しましたが、なんか寂しいですね~(^^;


6fd0f3c2.jpg

じつは、ネットで購入した↓のハードウェアを使ってみたいだけでした~(^^;

a2f1a428.jpg


後日、バージョンアップする予定です(^^; 

木馬 

ドイト型?の木馬を作ってみました。

あまり凝ったことをしていないので、半日でサクっと完成しましたが、10ケ月の孫は遊んでくれません~(^^;

先日、作った積み木も積み木より箱の方がお気に入りで、箱をバンバン叩いて喜んでいます(^^;

2bf8de74.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
ブログランキングに参加しています。応援おねがいします~♪

シュラック溶液の作り方(自分用メモ) 

シュラック溶液の作り方は、junさんがKnotty Workshopに詳しく掲載されていて、アルコール100ccに約12gのシュラックで1カットのシュラクを作ることができますが、意外と面倒なものです(^^;

そこで、デジタル秤を使って作ってみました。デジタル秤は、「0表示」ボタンを押すと表示を0グラムにリセットすることができます。

ba5b36c8.jpg

1ポンドのシュラックを1ガロン のアルコールで溶いたものが1カットのシュラックなので、1gあたりのアルコール量は、1ガロン(3800cc)÷1ポンド(450g)=8.444ccとなります。

アルコールの比重は、0.792なので、重さは約6.7gとなります。

よって、計測したシュラックの6.7倍のアルコールを入れれば1カットのシュラックができます。

アルコールの量を1/2にすれば2カット、1/3にすれば3カット・・・かえって複雑な方法かも知れません(^^;

c2c0e40a.jpg

積み木完成~♪ 

明日、妻が娘の住むマンションへ用事で出かけるということなので、夕食後に急いで仕上げました。

塗装は、無塗装の予定でしたが、幼児が口に入れると不衛生なので、シュラック仕上げとしました。

シュラックは、薬やチョコレートのコーティングにも使われているとのことなので、安心です。

cbb9dff5.jpg

ついでに端材で箱を作ってみました。こちらは無塗装です。箱に入れると高級感が漂います~(^^;

fbdcfdb1.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
ブログランキングに参加しています。応援おねがいします~♪

緑茶ミル 

久しぶりにウッドターニングで遊んでみました(^^;

昨夜、タモを集成しておいたので、一気に完成しましたが、スピンドルターニングしか経験がないので、こういうのって、難しいですね~(^^;

仕上げは、荏胡麻油で、殆どまなさんのパクリです(^^;

早速、お茶を挽いてみましたが、思ったより簡単に粉茶ができました。ただ、σ(^^;)には電動ミルの方が合っています(^^;

bf3da542.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
ブログランキングに参加しています。応援おねがいします~♪

カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
自作木工作品の販売
コルドバンクス3床収納庫蓋 R0018932S.jpg
コルドバンクス3床収納ボックスの蓋です。6ミリ厚カーペットに対応しています。
[記事1] [記事2] [記事3]
メールはこちら

楽天


amazon
FC2カウンター
PV(ページビュー)アクセスランキング