woody monaco blog

ぼちぼち、いろいろやっています~♪
 
 
プロフィール

monaco

Author:monaco
woody monaco blog へようこそ!

カテゴリ
JIG (3)
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア

Wixey Saw Fence Digital Readout 

最近、テーブルソーへDigital Readoutを取付けられた多くの皆さんが便利~♪・・・と言うもので、Spokeshaveに取り付けてみました。

今回は、海外通販ではなく、ヤフオクで落札です。送料込み16800円でした。
今なら、まだ5台出品されています。急げ~(^^;

で、いきなり設置完了です~(^^;
取り付けは、田中さんと同様、ボルト2本だけですが、標準のボルトではなく少しだけ長いものに変更し、スペーサーを併用しています。
ブラケットの加工は何もしていませんが、位置合わせのため、マグネットが当る箇所へ小さな鉄片を追加しています。ガタつきもなく取り付けることができました。



Digital Readoutを取り付ける際にSpokeshaveのスイッチボックスが邪魔なので、8mmのボルトで吊ってみました。



以前、Rocklerで購入したマイクロアジャスターです。
Digital Readoutとは関係ありませんが、コンマ以下にフェンスを動かすのは大変なのでσ(^^;)にとっては必須アイテムです~(^^;
使用時は、百均クランプを併用します。


エアーシートを室内で使ってみました~♪ 

田中さんとさくらいさんのブログで絶賛のエアーシートを購入してみました。

購入して、早速、書斎のイスに取り付けて使ってみましたが、なるほどイイ感じです~♪

電源は、大昔にパーソナル無線で使っていた12V5Aのパワーサプライですが、最大風量で連続運転するとかなり熱くなりますが、問題は無いでしょう(^^;

ちゃんと座面だけでなく、背中の面からも風が出てきます。風量を絞っても座・背面のバランスが崩れません。

お二人とも絶賛するわけですね!

しかし、クルマでは気にならないと思いますが、室内では、最大風量にするとファンの音が耳につきます。

ここ数日、夜は涼しいので、もっと早く購入すべでした~(^^;













配管完了~♪ 

今日は、朝から霧雨で、連日の暑さがウソのように涼しく、一気に配管作業が進みました。
でも、暑くても太陽が出ている方が気分的にはいいですね。

数年前にリブロスデルムンドで購入したDELTA 400APをロフトに設置してあります。
AP400の左にあるのは、オフ・コーポレーションで購入したセパレーター(蓋のみ)とポリバケツを組み合わせて使っています。



ハシゴを伝わって配管が1階へ降りてきます。
この透明の集塵ホース(100mm)はオフ・コーポレーションで購入したもので、1メートル1,785円です・・・高いなぁ~(^^;



1階の床に届きました。ここからは、作業台の下を通します。
作業台の下なので、コストを下げるために単価の安い塩ビのライト管(LP)を使って配管します。
透明の集塵ホース⇒ストレート継手⇒ライト管の順になっています。エルボだと損失係数が大きいので、45度エルボを2個組み合わせています。
仮組の時の画像なので、ホースバンドは締めていません(^^;



作業台と作業台の間でスライドソー用に立ち上げます。作業台は両方とも幅1200mmです。
画像の金属製シャッターは、Rocklerで購入したものです。



レジューサーで口径を100mmから65mへ落としてスライドソーへ接続しました。



見えませんが、左の作業台の下でベンドっぽいエルボを使って90度方向転換しています。
この立ち上がりは、木工旋盤とボール盤用です。
ここから先(画像右方向)は、テーブルソー用です。



オフ・コーポレーションで購入した「そのまま止まれ! ができる自在ホース」を繋ぎました。
画像の状態では、木工旋盤に使用する時の状態で、左に振るとボール盤用になります。



配管末端のSpokeshaveテーブルソーです。テーブルソーは使用時に若干移動させるので、集塵ホースで配管しました。
通常時は、上の画像のように、ここへ小型のプレーナーが置いてあります。



今回、使用した塩ビのライト管(LP)です。
4mもので、1本1100円。画像の45度エルボは、1個325円です。
価格も安いのですが、オフ・コーポレーションで購入した継手(黒色)やRocklerで購入した金属製シャッターの外径がこの管の内径とピッタリなので、叩き込めば簡単に接続できます。
将来の変更を考慮して、今回は、接着剤は使っていません・・・単なる手抜きです~(^^;


大正琴 

粗大ゴミになる寸前に救出してきました。メーカーは鈴木楽器で、特製松ってラベルが貼ってあります。

どうやら2~3万円くらいの入門用みたいです。ギターと比べると作りが安っぽいかな~(^^;

チューニングがわからなかったので、ネットで調べたら1・2・3弦がGで、4弦がオクターブ低いG。5弦は流派で違うみたいですが、Dが多いみたい?

チューニングして試しに弾いてみましたが、やはり大正琴の音色で、それ以下でもそれ以上でもありません(^^;

YouTubeで検索したら、これでブルースを演奏している方を発見!
で、ギターと同様にEのオープンチューニングにして、真似してみましたがスグに飽きてしまいました(^^;



2歳の孫に見せたら夢中になってしまい、完全に虜です!「ぽーにょぽーにょ」って、歌いながら演奏しています~(^^;

メチャクチャですが、味があります。小さな手にピックを持ってピッキングしています。

末は、ミュージシャンでしょうか・・・じじ馬鹿ですね~(^^;


集塵システム配管替準備 

現在の集塵システムの配管は、画像のようにオフ・コーポレーションで購入した直径65mmの集塵ネットワークKITを天井直下に配管していますが、管が細く、また、チーズやエルボが90度なので圧力損失が大きく、終端では風圧がかなり弱くなっています。

で、今回は、Spokeshaveの導入に併せて配管を100mmに変更することにしました。

配管は、画像のように天井に吊るとか、作業代台のレベルにするとか、皆さんが色々工夫されていますが、狭い工房なので、100mmの配管は目立ち過ぎます。色々考えていましたが、一番目だ立たない作業台の下へ配管することにしました。

現在の作業台下のクリアランスは85mmなので、100mmのパイプを通すには、あと30mm程高さを嵩上げする必要があります。

画像は、BT3100を使っていた頃のものです。



一時、キャスターを付けることも考えましたが、今回は、コスト優先で12mmのボルト&ナットで嵩上げすることにしました。12mmのドリルビットで、作業台の柱(2×4材)へ深さ70mmの穴を空け、L=90mmのボルト&ナットをねじ込みます。



2台の作業台に計8本のボルト&ナットを取り付けました。当初、心配していたガタつきも問題ないレベルです。



来週末は、この作業台下のスペースに100mmの配管を行う予定です(^^;

ブランコ作ってみました~♪ 

ツーバーフォー材でブランコを作ってみました~♪

当初、ベンチ型のブランコにしようかと思いましたが、子供は普通のブランコの方が好きみたいなので、簡単なブランコにしました。



ブレースが無いので、横揺防止にアルミテラスの柱へ百均クランプで固定してあります。



1m160円の綿ロープを3m使用。座面は、ウッドデッキの残材です(^^;




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
ブログランキングに参加しています。応援おねがいします~♪
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
自作木工作品の販売
コルドバンクス3床収納庫蓋 R0018932S.jpg
コルドバンクス3床収納ボックスの蓋です。6ミリ厚カーペットに対応しています。
[記事1] [記事2] [記事3]
メールはこちら

楽天


amazon
FC2カウンター
PV(ページビュー)アクセスランキング